ホーム

つむぐ

定期接種

小児用肺炎球菌ワクチン

菌の病原性をなくしてつくられた不活化ワクチンで、皮下に注射します。

小児の肺炎球菌感染症とは・・・肺炎球菌は、ヒブ(インフルエンザ菌b型)とならんで、子どもの細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、気管支炎などの原因菌として知られています。細菌性髄膜炎を発症すると、知的障害や難聴、発達の遅れなどの重い後遺症を残したり、命にかかわることがあります。かぜとよく似た症状で始まるため、診断が難しいだけでなく、あっという間に進行します。

接種時期

①  生後2か月~7か月未満

27日間以上の間隔で3回(ただし、3回目の接種は12か月未満で)接種します。

さらに、3回目の接種から60日間以上の間隔をおいて、生後12か月~15か月の間にもう1回接種します。

②  生後2か月~7か月未満で接種を開始できなかった場合

〔接種開始が生後7か月~12か月未満〕

27日間以上の間隔で2回接種します。

さらに、2回目の接種から60日間以上の間隔をおいて生後12か月以降にもう1回接種します。

〔接種開始が生後12か月~24か月未満〕

60日間以上の間隔で2回接種します。

〔接種開始が生後24か月~9歳以下〕

1回接種します。

副反応

・注射部位が腫れたり、赤くなったり、しこりができることがありますが、一般的にワクチン接種によるこれらの症状は3~4日で治ります。

・接種した当日や翌日に発熱がみられることがありますが、通常1~2日で治ります。

 

ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン

菌の病原性をなくしてつくられた不活化ワクチンで、皮下に注射します。

ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症とは・・・ヒブ(インフルエンザ菌b型)は、子どもの細菌性髄膜炎などを起こす菌のうち、最も頻度が高い原因菌です。細菌性髄膜炎とは、脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜の奥にまで細菌が入って炎症を起こす病気です。細菌性髄膜炎を発症すると知的障害や難聴、発達の遅れなどの重い後遺症を残したり、命にかかわることがあります。他にも、喉頭蓋炎(こうとうがいえん)や肺炎などを起こします。この菌は通常生活をしている範囲のどこにでも存在しますし、菌を鼻腔やのどに保菌している人もいるため、せきやくしゃみによる飛沫によって感染もします。通常5歳までには感染し抵抗力ができますので、5歳未満の乳幼児の感染がほとんどです。感染の初期はかぜとよく似た症状で始まるため、早期診断が難しい病気です。

接種時期

①  生後2か月~7か月未満

4~8週間の間隔で3回接種します。

さらに、3回目の接種終了後から7~13か月までの間に、もう1回接種します。

②  生後2か月~7か月未満で接種を開始できなかった場合

〔接種開始が生後7か月~12か月未満〕

4~8週間の間隔で2回接種します。

さらに、2回目の接種終了後から7~13か月までの間に、もう1回接種します。

〔接種開始が生後1歳5歳未満〕

1回接種します。

副反応

ごくまれに注射部位が腫れたり、発熱、発疹、じんましん、かゆみなどがみられることがありますが、通常数日で治ります。

 

●BCGワクチン

結核を予防するためのVPDです。牛型結核菌を弱めてつくられた生ワクチンで、 スタンプ式です。

結核とは・・・結核菌によって起こる慢性伝染病で、一般に肺に起こる肺結核が知られています。日本では現在でも毎年3万人以上の結核患者が発生しています。また、乳幼児が結核に感染すると、粟粒結核や結核性髄膜炎などになったりして、重い後遺症を残すことがあります。

乳幼児期早期にBCGを接種しておくと、肺結核は50%、結核性髄膜炎は80%が予防できるというデータが出ています。

接種時期

生後6か月未満(標準接種年齢:3か月~6か月)1回 スタンプ方式の接種。

細い9本の針を皮膚に押しつけるスタンプ方式の予防接種です。接種部位が乾くまで、さわらないようにしましょう。以前行われていたツベルクリン反応は、現在は行われていません。

副反応 

2~4週間後接種部位が赤くなったり、うみが出たりするのは異常反応ではなく、免疫が正しくついた証拠です。包帯やバンソウコウなどはせずに、清潔に保ってください。ただし、1カ月以上続くときには、かかりつけの医師の診察を受けましょう。

まれに、接種して1~2か月してから脇の下のリンパ節がはれてくることがあります。また、先天性免疫不全症の子どもに接種した場合は菌が全身に広がることもあります。

コッホ現象

接種後受けたところの針跡が3~10日以内にたいへん赤くはれてうんできたら、接種前から結核に感染していた可能性があります。これは、ワクチン接種による副作用ではありません。結核にかかっている可能性があるので、あわてずに数日以内にワクチン接種をした機関を受診してください。

 

四種混合(DPT-IPV)ワクチン

ジフテリア菌の出す毒素を無毒化したものと、百日せき菌の病原性をなくしたものと、破傷風菌の出す毒素を無毒化したものに、ポリオウイルスの病原性をなくし、免疫をつくるのに必要な成分を混合してつくられた不活化ワクチンで、皮下に注射します。IPVとは不活化ポリオワクチンの略です。

ジフテリア(D: diphtheria)とは・・・ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。感染すると、高熱、のどの痛み、犬がほえるようなせき、おう吐などの症状が起こります。のどの炎症による腫れから、窒息死することもあります。また、ジフテリア菌の出す毒素により心筋炎が起こったり、神経が麻痺したりすることがあります。感染しても症状が出ないままに菌だけをまき散らすこともあります。

百日せき(P: pertussis)とは・・・百日せき菌の飛沫感染で起こります。普通のかぜのような症状で始まり、せきがひどくなります。連続的にせき込んだあと急に息を吸い込むため、笛を吹くような音がでるのが特徴で高熱はでません。乳幼児の場合は、せきで呼吸ができず、チアノーゼ(血液中の酸素が不足して皮膚や粘膜が青紫色になる状態)やけいれんが起こることがあります。大人がかかると、1~2か月せき症状が続きます。赤ちゃんは、このせきでまき散らされた菌を吸い込むことで感染することが多いです。赤ちゃんの時に感染すると、症状が重くなり、合併症として肺炎、脳症を起こすことがあります。

破傷風(T: tetanus)とは・・・土壌中に存在する破傷風菌が傷口から入って感染しますが、人から人へうつる病気ではありません。小さな傷でも感染の原因となることがあります。破傷風菌の出す毒素により手足のしびれやけいれん、口が開かないなどの症状で始まり、処置が遅れると命に関わります。破傷風菌は日本中どこにでもいますが、予防接種で免疫をつくっておけば安心です。

ポリオとは・・・ポリオウイルスによる感染症で「小児マヒ」と呼ばれる病気です。人から人へ感染します。感染した人の便中に排泄されたウイルスが口から入り、腸に感染します。感染したウイルスは3~35日間(平均7~14日間)腸の中で増えますが、ほとんどは症状が出ない不顕性感染でおわり、一生、免疫が得られます。症状が出る場合は、ウイルスが血液などを介して脊髄や脳へ侵入し、麻痺を起こします。ただし、麻痺を起こすのは、感染した人の100人に1人以下の頻度です。100人中5人程度は、発熱に続き、頭痛や嘔吐など、かぜに似た症状を呈します。一部の人は永久に麻痺が残ります。発生率は感染した人の200~1000人に1人の割合です。呼吸筋の麻痺で呼吸困難になり死亡する例もあります。現在でも、一部の国では野生株のポリオの流行が残っており、日本に侵入してくる可能性もあります。感染予防のためワクチンで免疫をつけておくことが大切です。

※2012(平成24)年8月以降に生まれるお子さまには、これまでの三種混合ワクチン(DPT)ではなく、四種混合ワクチン(DPT-IPV)が接種されます。それ以前に生まれたお子さまの場合、引き続き不活化ポリオワクチン(単独)と三種混合ワクチンを接種するか、四種混合ワクチンを接種するか、これまでに受けたワクチンなどによって異なります。詳しくはかかりつけ医に相談しましょう。

接種時期

1期・初期接種 生後3か月~12か月までの間に3~8週間の間隔で3回接種します。

1期・追加接種 3回目の接種から6か月以上の間隔をおいて(標準として3回目の接種終了後12か月~18か月までの間に)もう1回接種します。

2期 11歳~13歳未満の間にジフテリア・破傷風の追加接種として二種混合(DT)ワクチンを1回接種します。

副反応

・注射部位が腫れたり、赤くなったり、しこりができることがありますが、通常2~3日で治ります。接種後数日を経過して、これらの症状が出ることもあります。

・機嫌が悪くなったり、腫れが目立つときは、かかりつけの医師にご相談ください。

・不活化ポリオワクチンなのでワクチン関連麻痺(VAPP)の心配はありません。

 

日本脳炎ワクチン

不活化ワクチンで、皮下に注射します。

日本脳炎とは・・・日本脳炎は人から人へ直接感染するのではなく、感染した豚の体内で増えたウイルスを蚊が媒介して感染します。7~10日間の潜伏期間の後、高熱、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害などの症状を示す急性脳炎になることがあります。症状の出る人はウイルスを持った蚊にさされた人1000~5000人に1人程度です。夏風邪に似た症状や無菌性髄膜炎で終わる人もいます。脳炎にかかったときにの死亡率は約15%、神経に後遺症が残る人は約50%にもなる重病です。

接種時期

1期   初回 生後6か月~90ヶ月未満(標準接種年齢:3歳)1~4週間間隔で2回

1期  追加 初回接種後おおむね1年後(標準接種年齢:4歳)1回

2期 9~12歳(標準接種年齢:9歳)に1回接種

特例措置:以前使われていた日本脳炎ワクチンの接種後に、広い意味で脳炎の一種のADEM(アデム:亜急性散在性脳脊髄炎)の重症例がおこったとして接種が一時見合わせ(積極的推奨の差し控え)となりました。2011年5月20日から通常の定期接種の期間にかかわらず見合わせ期間中に接種しなかった回数分を定期接種として受けられるようになりました。

・1期で1回も受けていない人→1期分として3回、2期として1回、合計4回接種できます。

・1期で1回受けた人→1期分として2回、2期として1回、合計3回接種できます。

・1期で2回受けた人→1期分として1回、2期として1回、合計2回接種できます。

1995年(平成7年)4月2日生まれ~2007(平成19年)4月1日生まれの方は、特例措置が適用されます。20歳まではワクチンを受けられますので、日本脳炎ワクチンの接種回数を母子健康手帳で確認しておきましょう。

副反応

まれに接種直後から翌日に、発疹、じんましん、かゆみなどがみられることがあります。

全身症状としては37.5度以上の発熱、せき、鼻水、悪寒(さむけ)、頭痛、倦怠感、吐き気など、局所症状としては接種部位に発赤、腫れ、痛みなどがみられることがありますが、通常は2~3日で消えます。

ごくまれに接種後数日~2急性散在性脳脊髄炎(ADEM)などの重い副反応がみられる場合があるといわれています。

 

MR(麻しん(はしか)風しん混合ワクチン)

麻しんウイルスと風しんウイルスの病原性を弱めたものを混合してつくられた生ワクチンで、皮下に注射します。

麻しん(はしか)とは・・・麻しんウイルスという感染力が極めて強いウイルスが原因の感染症です。高熱、鼻水、せき、くしゃみ、目やになどの症状が3~4日続いた後、口の中の粘膜に白い発しんが出始め、やがて全身に赤い発しんが広がります。合併症として気管支炎、中耳炎を引き起こすことがあります。また、脳炎、肺炎などを起こすこともあります。

風しんとは・・・風しんウイルスという感染力が非常に強いウイルスが原因の感染症です。発熱とほぼ同時に発しんが出ますが、熱が出る数日前に首のリンパ節が腫れて痛みます。年長児や大人では、年少児より症状が重くなる場合が多くみられます。また、妊婦が妊娠初期にかかると、胎児に先天性風しん症候群が起こることがあります。

接種時期

1期     生後12か月~24か月未満の間に1回接種します。

2期     5歳~7歳未満で小学校就学前1年間(4/1~3/31)に1回接種します。

*通常は、麻しん(はしか)風しん混合ワクチンを接種しますが、麻しん(はしか)と風しんが1種類ずつ別になっているワクチンもあります。

副反応

接種してから1週間後に37.5度以上の発熱や発しんがみられることがありますが、通常1~3日で治ります。

このページの先頭へ