ホーム

こども救急箱

乳幼児期のあざ 

 あざはお母さんにとって、気になるものです。今回は色調別に、あざについて説明したいと思います。【青いあざ】 青いあざの代表は赤ちゃんのお尻から背中に見られる「蒙古斑(もうこはん)」です。6~7歳頃までには消えますが、普通と違う場所にある蒙古斑は消えるのが遅い傾向にあります。青色がさらに濃く、まるで青いほくろのようなあざは「青色母斑」といい、自然には消えません。【赤いあざ】 うなじ、まぶた、おでこ等に見られる赤ぶどう色のあざは「正中母斑(せいちゅうぼはん)」と呼ばれ、よく見られるありふれた血管腫です。欧米では「天使のキス」や「コウノトリの嘴の跡」と呼ばれ、自然に消える場合が多いです。「単純性血管腫」は、正中から外れ、正中母斑より濃い赤で、自然には消えません。「いちご状血管腫」は、表面が盛り上がって、ぶつぶつした感じが苺に似ています。生後すぐから見られ、2~3か月で大きくなる場合もあります。多くは6~7歳ころまでに消えます。【黒いあざ】 黒いあざは「色素性母斑」です。小さいものは「ほくろ」と呼ばれ、自然には消えませんが、悪性化などの問題はありません。【白斑】赤ちゃんで色の抜けたような白いところがあるのは比較的めづらしいです。範囲が小さく、うすく色の抜けたところが一つある位でしたら、「白色母斑」かもしれません。成長にしたがって大きくなりますが、問題はありません。皮膚炎や湿疹、やけどの跡は、時間の経過とともに消えていきます。しかし、数が増えたり、広がってくるような場合は専門医に診てもらうようにしましょう。どのあざも気になる場合は早めに皮膚科や小児科を受診しましょう。  池田さやか(鹿児島大学病院小児科)

このページの先頭へ