ホーム

こども救急箱

指しゃぶり 

 赤ちゃんにとって指しゃぶりは心地よい運動であり、口の感覚の発達にもかかわるといわれています。指しゃぶりは、母親との一体感の強化や不安解消の意味を持ち、子どもの心と行動の発達に深く関係しています。

 三歳ごろになると一人で行動するようになり、行動範囲や興味が広がる四歳以降は不安解消の指しゃぶりは減ってきます。そのため、三―四歳までは指しゃぶりを心配する必要はないでしょう。

 しかし、五歳になってもやめられない子どももいます。指をしゃぶることで「気持ちよい」感覚を無意識に求め、その繰り返しをやめられなくなるのでしょう。

 指しゃぶりが長く続くと、歯並びやかみ合わせへの影響が出やすくなり、子どもの口や顔の成長に悪影響を及ぼします。上の前歯が突き出たり(上顎前突【じょうがくぜんとつ】)、上下の前歯にすき間ができたり(開咬【かいこう】)、上あごの幅が狭くなったり(歯列狭窄【きょうさく】)します。これらの影響で、発音時に舌を前に出す癖が出たり、前歯で食べ物をかみ切りにくくなったりします。

 指しゃぶりの癖をやめさせるには、子どもをしかるのではなく、指しゃぶりを続けるとどうなるか子どもに理解してもらうことが大切です。

 「指しゃぶりは赤ちゃんがよくするけど、今の自分に必要かな。なぜ自分はしたくなるのかな。まわりのお友達は、なぜしていないのかな」を親子でよく話し合ってください。小さなきっかけで、指しゃぶりをやめられることもあります。子どもがやめたいという気持ちを持てるよう、ゆっくり進めていきましょう。   徳冨順子(鹿児島大学病院小児歯科)

このページの先頭へ