ホーム

こども救急箱

『テープ薬の乱用について』

  風邪をひいたお子さんの診療のなかで、保護者の方から『あの咳止めのテープをください』といわれることがあります。このテープ(貼付薬)、ホクナリンテープやツロブテロールテープという名前で処方されています。薬の効果は気管支拡張です。そのため、気管支が狭くなる病気である気管支喘息や急性気管支炎の時に使われます。お薬の内服が難しいお子さんでもストレスなく使用できる大変よいお薬です。しかし、冒頭にあるように『咳止めのテープ』といわれると違和感をかんじます。たしかに気管支喘息発作で咳がやまないお子さんにこのテープ薬を使用すると、狭くなっていた気管支が拡張し、咳や喘鳴が軽減します。この経過が『咳止めのテープ』という言葉につながるのかもしれません。ただし、咳がでる病気には気管支喘息や気管支炎以外にも多くの病気があります。気管支が狭くなっていない、一般的な鼻かぜによる咳や副鼻腔炎による咳などには効果はありません。

 また、気管支喘息発作でテープ薬の使用によって症状が軽快したとしても、それは一時的に無理やり狭くなった気管支を広げているからであり、狭くなった気管支の治療ができているわけではありません。気管支喘息のあるお子さんが、夜中に咳き込んで眠れないときなどその場でペタッとはるだけで症状が和らぐ便利なテープ薬ですが、実はテープ薬は貼ってから12時間後に血液中のピークが来るようにつくられており、医学的には即効性はありません。朝の発作のために夜に貼る目的のお薬です。

 はっても効果がないときは咳の原因が喘息発作以外のものかもしれませんし、効果があったとしても発作の程度次第ではほかの治療薬が必要となるかもしれません。自己判断で漫然と使用するのは避けましょう。

 このように、テープ薬は夜間や休日にとりあえず使用したり、飲めないお子さんに使用するのに便利ではありますが、安易な使用が『乱用』とならないために正しい理解のもと適切に使うことが大事です。           立元千帆(鹿児島市医師会病院小児科)

このページの先頭へ